尊属 殺人 事件。 尊属殺重罰規定違憲判決 第一審

また、1950年(昭和25年)の合憲判決を下した当時の最高裁判所裁判官で、合憲を主張したは判決に批判を加え、違憲を主張したは判決を評価した。

4%)に達し、最高の率を示している。

[7] さて、右のとおり、普通殺のほかに尊属殺という特別の罪を設け、その刑を加重すること自体はただちに違憲であるとはいえないのであるが、しかしながら、刑罰加重の程度いかんによつては、かかる差別の合理性を否定すべき場合がないとはいえない。

会社にいる間は父の束縛からも逃 のが れることが出来る。

和代はここで二女、三女を出産。

着々と侵略を続ける中国の一部にでもなったら、議論しようとした瞬間にでも拉致されますよ。

良かったなとホッとしたのを覚えています」 尊属に対する尊重や報恩といった観点からは尊属殺人を普通殺人より重く罰することは不合理ではないが、刑法第200条が尊属殺の法定を死刑、無期懲役に限定している点において不合理であるというのがその理由となった。

40 34