地震 い つくる。 東日本大震災の余震…専門家が警鐘「巨大地震連動発生への備えを」(FRIDAY)

〔photo〕gettyimages 何気ないニュースであるかのように、さらっと発表された最新版の地震発生確率。

丸の大きさは地震の規模(マグニチュード)の違いを表します。

1933 昭和8 年の昭和三陸地震、1993年の釧路沖地震はスラブ内地震とされています 右の図は、マグニチュード5以上の余震の回数を積算したグラフです
9)の間に発生しています そんな驚くべき発表を、12月19日、政府の地震調査委員会が行った
さらに、ほぼ100年間隔で発生する南海トラフ地震のうち、3回に1回は国内最大級の地震が発生していたことがわかってきた 近年、世界各地で起きたM9クラスの地震の影響で大噴火が多発している
関東地方の地下では、太平洋プレート、フィリピン海プレート、北米プレートという3つの地殻 プレート が複雑に重なり合っている 南海トラフ地震に関する詳細な情報は、以下の記事をご参照ください
「今回は東日本大震災の余震ですが、震源は福島県沖です 最初の大きな地震(マグニチュード6. 1の余震が発生したほか、2週間以上経ってからもマグニチュード5. 約1割で下水道の使用ができない
29

地震学の権威、尾池和夫・元京都大学総長が3月1日、『2038年南海トラフの巨大地震』という著書を出した。

交通機関は1~2週間、平時と同じように運転するの?• 気象庁が6月の銚子沖の地震は関東地方の地震と無関係とコメントしていましたが、大いに関係あることが理解していただけると思います」(新妻名誉教授) 気象庁は、6月の銚子沖地震を「今回の地震は平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の余震と考えられる」とだけ発表していたが、新妻氏が指摘する通り、今後発生する可能性が高い関東周辺の地震と関係がありそうだ。

岩手・宮城・福島県を中心とした太平洋沿岸部には、巨大津波が襲来。

我が国の主な地震災害一覧(戦後) 名称 発生年月日 マグニチュード 被害状況 死者・ 行方不明者 全壊・焼失・流出家屋 南海地震 1946. 地震学の権威、尾池和夫・元京都大学総長の話題の書 4年前の東日本大震災以来、関東以西の西南日本では依然として地殻歪みが年々蓄積している。

過去に繰り返された南海トラフ地震を図に示したのでご覧いただきたい。

29