たった ひとり の 私 の 味方 最終 回。 韓国ドラマ|たった一人の私の味方のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も

頼もしく味方になってくれたドランに、感謝するダヤ 食事中、電話で呼び出されて外出していくイリュク
そして、意識を取り戻したスイルはジングクとウニョンを呼び出し、今後はドランにグムビョンの 世話を頼まないでほしいと伝える 一方、この2人の姿を偶然見てしまう人物が…
一度だけチャンスをください そんなテプンと一緒ならドランが幸せになるんじゃないかと考え、ドランにテプンとの交際を勧めるスイル
家も家族も失ったドランだったが悲しいことばかりではなかった 一方、デリュクはジングクの元へやって来ると、辞表を提出して…
ドランは少しずつテプンと距離を縮めるが… 一方でデリュクは、ドランが去ってしまったことで仕事も手につかずすさんだ生活をしていました
スイルはドランを迎えに来たウニョンに、いい加減にしてくれと伝えたはずだと念を押す。 2年後ーーーー 諦めていた法曹への夢を叶えるため、大学に通って法律を学ぶドラン。 ドランも老人だけでなく、警察の捜査怠慢にも責任があるとして、スイルの身の潔白を改めて証明するように訴える。 それほどまでにダヤの立場はなくなっていたのです。 デリュク兄さんはお義姉さんと別れてから眠れずにご飯も食べれずに・・毎日辛そうだった。 ウニョンはドランがもうデリュクに未練がないんだと思い、すぐにその写真をデリュクに見せつける。
87