信濃 毎日 新聞。 信濃毎日新聞データベース

・碌山美術館 安曇野市 ・北アルプス展望美術館 池田町• 国民の命と暮らしを守る決断が、日本政府に求められる。
IOCは説明し、実情を踏まえた可否の判断に臨むべきだろう。 大阪支社 - 一丁目3番16号 京富ビル9階• 各国から集う人々が互いに理解を深め、平和推進に貢献する五輪の意義はしぼみつつある。 問題意識を国際オリンピック委員会(IOC)と共有し、迅速な決定と明確な情報の発信に努めるべきだ。 【新聞の台紙】 できた記事をはりこんで、新聞にしましょう。 ラテ欄 テレビ欄 以下の記述は朝刊掲載分についてであり、長野県内全共通。
57

駒ヶ根支局 - 上穂南3番14号• 何より、再延期して安全に開ける確証はない。

さらに、菅義偉首相がバイデン米大統領との共同記者会見で、五輪開催を、「何のための、誰のための大会かが見えない」と批判。

両大会を通じて延べ7千人の医療従事者を確保し、30カ所の大会指定病院も整備するという。

・安曇野ちひろ美術館 松川村 ・イルフ童画館 岡谷市 ・北澤美術館 諏訪市• 記事検索 ・記事ごとにテキスト形式で収録しています ・1995年7月から最新号までの記事を検索できます。

中野支局 - 三好町二丁目4番41号• 「官許長野毎週新聞」((明治7年)〜(明治9年)、週刊・毎週日曜日刊行)• また東京AMキー局(TBSラジオ・文化放送・ニッポン放送)と在名ラジオ局(CBCラジオ・東海ラジオ・FM AICHI)は夕方18時以降の超ハーフサイズで掲載。

ワクチン接種の足取りは鈍い。

・長野県立美術館本館コレクション展 8月~長野市 ・長野県立美術館東山魁夷館 長野市• 日本側から中止を求めれば、IOCやスポンサー企業から賠償を要求される可能性があるとも言われる。

おわび記事の掲載を受け、同年6月9日地裁松本支部における二回目のでし、側は一切の請求を取り下げた。

開催に踏み切れば、分断を招きかねない」と懸念を示した 全校生徒約40人が6チームに分かれて試合を楽しんだ
以下、「崩壊する医療体制」「開く意義はどこに」「分断生じる恐れも」の小見出し3本を追うだけでも、主張の明確さは見て取れるのではないかと思います 23日付では、そのうちオフィシャルパートナーの毎日新聞、日経新聞、オフィシャルサポーターの北海道新聞がやはり社説で五輪を取り上げました
菅義偉政権は地域医療への影響を否定するけれど、医療従事者を集められるなら、不足する地域に派遣すべきではないのか その結果、県議会議員はこの記事が出た当日に「生き恥をさらすことはできません」という遺書をのこしてした
岡谷支局 - 赤羽二丁目2番13号• 内容としては、下伊那郡選出の県議会議員が2007年度の収支報告書に「ヘアブラシの購入代金(504円)を茶菓子代として記載した」「県政報告会での茶菓子代(1,050円)として報告したもののうち、320円分は開催日翌日付の領収書であった」 、さらに2006年度の収支報告書では、「仕出し弁当屋に支出した10,000円を茶菓子代として記載した」 といったものであった 五輪予選への選手団派遣を見送った国もある
東御支局 - 田中178番地17• しかし後日、「信毎の措置を評価し、和解交渉の場をつくる用意があるとの意向が伝えられた」に訂正された 飯山支局 - 福寿町1114番地10• 「国民みんなの五輪」をうたいながら、当初の倍以上に膨らんだ1兆6440億円の開催費用の詳細を伏せている
須坂支局 - 屋部町1327番地• 読売新聞グループ本社と毎日新聞社は回答を寄せていますが、ほかの4社はいずれも「お答えしない」「回答を控える」との対応だったとのことです 7月23日の五輪開幕までに、感染状況が落ち着いたとしても、持てる資源は次の波への備えに充てなければならない
楽しかったこと、おどろいたことなどをミニ新聞にして、みんなに伝えてみませんか?記事をまとめるためのワークシートと簡単な説明書付き 不安と緊張が覆う祭典を、ことほぐ気にはなれない
後日、「に暗殺されたという最期が、評価をむずかしくしている」に訂正された 1万5千人の選手には毎日、8万人近くを見込む大会関係者にも定期的に検査を実施する
長野本社 - 大字657番地(上の)• この状況で政府は、五輪・パラのコロナ対策を打ち出した
たくさんためてアルバムや日記のようにしてもよいですし、専用の台紙にはれば新聞にもなります 現在の所在地はを参照
8