君 と 僕 の 最後 の 戦場。 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 (きみとぼくのさいごのせんじょうあるいはせかいがはじまるせいせん)とは【ピクシブ百科事典】

通常一人の人間に宿る星霊は1つきりなのですが、始祖ネビュリスは違うようです。

星霊を宿した女性は「魔女」、男性は「魔人」と呼ばれ迫害されていたが、始祖の魔女ネビュリスを中心に反旗を翻し、ネビュリス皇庁を建国した。

CV: 帝国に所属する少年兵。
だが、シスベルを見つけたものの、そこで複数の人造星霊エネルギーを保管した機械炉を発見し帝国の暗部を知る その理想と志故にアリスやシスベルの誘いをにべもなく断っている
また実戦経験も豊富で応用力や小技も使うなど、他の純血種の星霊使いと比較しても強さに隙がない 一方で家族に対する愛情は確かに在り、実際シスベルを害すことを仄めかしたヴィソワーズには静かな怒気を顕わにしたが、それでも自分だけが家族の中で仲間外れという自嘲と疎外感はどうしても拭えず、「星霊使いの楽園」という皇庁の謳い文句も、星霊の強弱のみにより全てが決まることは逆に差別をしていると否定し、文字通り自らの全てを賭けて皇庁そのものの破壊を目指すこととなる
機械・兵器の扱いに長けており、一流の機工士として帝都に名を馳せている シスベル(声:和氣あず未) あわせて、アリスリーゼの母と妹にあたるミラベアとシスベルのキャストが発表
しかし、中立都市で度々鉢合わせる内に無自覚ながらイスカに恋愛感情を抱くようになり、ある種の独占欲さえ抱いてシスベルとイリーティアがイスカに接近していると本気で二人を攻撃しようとする以外にも戦場でのライバル関係を持ちだして自分の物と公言するなど、自制心が弱くなって燐を苦労させている そこで捕らえた燐を相手に遊びつつ、シスベルを招いた理由は自らをこのような姿にした八大使徒を炙り出すためであることを明かす
この星の未来を決する話を、しよう」天帝ユンメルンゲンとの邂逅を経て、帝都への帰還を命じられたイスカ達 だが、上記の一件で八大使徒からは知りすぎたと判断され秘密裡での処断を決定されてしまい、グラスナハトの研究施設で巨星兵に憑依した八大使徒のルクレゼウスに襲撃され、璃洒やシスベル、907部隊との連携で辛くも撃破するが、これを機に八大使徒と完全な敵対関係となってしまう
単なる知り合いではなく、例えば恋人のような、親密な関係であったのかもしれません 星脈噴出泉を巡る任務中で、皇庁のスパイだったシャノロッテに拘束された上、その当の星脈噴出泉に仮面卿によって落下させられた結果、魔女になってしまうが、イスカ達はそれを隠そうと奔走している
14
加えて星霊エネルギーの匂いに敏感で星霊が絡んだ出来事は大抵把握している。 戦闘では感情を押し殺しているが、本来は感受性豊かで情に厚い。 黒の星剣はあらゆる星霊術を遮断し、白の星剣が黒が遮断しただけの星霊術を一度だけ再現するという権能を持ち、イスカ以外には機能せず量産もできない唯一の真打《オリジナル》。 ネビュリスには双子の妹がいた 引用元:「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」2巻 皇庁の祭壇で眠っている始祖ネビュリスには 双子の妹がいました。 暗躍する八大長老によって崩れ去った過去の真相は何ともほろ苦かったですが、決戦に向け舞台も役者も揃いつつある中、譲れない戦いが始まりそうですし、どんな結末に向かうのか続巻に期待。 護衛としての実力は一級品で、刺客としては超一級である恐ろしく優雅で俊敏な振る舞いのスーツ姿の男性。 キャラクター (:) に所属する軍人の。 これにより神星変異と呼ばれる変身能力を身につけ、ヨハイムの刃すら物ともしない再生力とゾア家当主グロウリィすらも拘束するほどの強大な力を得る。 機構司令部局長。 人間に憑依する性質を持っており、星霊を宿した者には「星紋」と呼ばれる痣が生まれ、同時に魔法のような力が宿る。
91