トムハンクス アドレノクロム。 「やっぱりそうなのか」と驚愕!バイデン次期大統領就任式特番の司会がトム・ハンクスだなんて…

と自分の死生観について語っています。

ロシアにマウンティングとろうと したのでしょうか? つまりエリザベス女王が🦎の姿を 見せました。

俺は死ぬまで燃える。

それがこちら。

トム・ハンクス軍事法廷の情報を掲載して元記事を載せておきます。

コロナウイルスのパンデミックと同じタイミングでオーストラリアに滞在していたトムハンクス氏がコロナウイルスに感染したという報道を受けネット上では、大物俳優がとうとう逮捕されたといった話題で沸きました。

53
そしてこの投稿された写真がなぜ象徴かといえば、 コップが絞首台の柱、かじられたトーストが吊るす縄、(おそらく)もう一枚のトーストは吊るされている体を意味しているということです 👉🏼They take over celebs all the time. 自分はスピリチュアルな事を信じている• 「コロナ死によるものだから」と家族も遺体対面できないまま即荼毘に付されたことにされてしまったらしいのだ
あとは、だだの変態という見方もできますが、金と権力を手に入れた人たちは、この世界で手に入らないものはありませんし、すべてが思うがままです もしかしたらあなたの周りにもいるかもしれないですね
(これには驚いた) ブッシュ親子 いっけん、隠していた秘密がバレてしまったという動画の内容と本人の鬼気迫る演技により、これマジモノかと騙された方もいたようです
一方で同じインタビューで、新型コロナでマスクをしない人を非難しており、またトランプ大統領については、「幼いころからリーダーには落ち着きと博識なガイダンスを求めてきたけど、今それが僕ら(の大統領)にはないと言っておこう」とチクリとした嫌味を語っています トム・ハンクスはトランプらに「危険」と判断されたために処刑され、妻のリタ・ウィルソンも同様に処刑されたといわれています
どんどんこれから明るみに なっていくでしょう (出典:ウィキペディア) ロンメル死の言葉のもとになったロンメルという人物についてですが、元ドイツ陸軍元帥で第2次世界大戦では驚異的な戦果をあげ、すぐれた指揮官として有名な人物です
一方アドレノクロムとは、子供を残虐な方法で虐待した末に抽出できるとされる若返り薬・兼ドラッグであり、トランプとQアノンは、この使用者を中心とした組織である「カバール」を壊滅させるために動いているとも囁かれています
近年おもてに出てきた話で、悪魔崇拝者はペドフィリア(小児性愛者)という欲望の捌け口の対象が幼児であり特殊な性癖をもつ人々であること、そしてその悪魔崇拝の儀式に赤ん坊や小さな子供達が生贄(いけにえ)として使われているという話があります これは嬉しかった! エリザベス女王がプーチン大統領の前で シェイプシフトしたことは有名
一方で同じインタビューで、新型コロナでマスクをしない人を非難しており、またトランプ大統領については、「幼いころからリーダーには落ち着きと博識なガイダンスを求めてきたけど、今それが僕ら(の大統領)にはないと言っておこう」とチクリとした嫌味を語っています 両者とも現在年齢と一致つまり最近の逮捕とみられます
それを実行してくれてるのがトランプ大統領 1970年代まで欧米では「名将ロンメル」論がほぼ定着しており、日本でもほぼ同様の評価が行われてきた [1]
と QAnon. 真実に辿り着けば 子供の持っている生命力を吸収するために、虐待したり凌辱したりすると言います
96