ハスクバーナ バイク。 Husqvarna(ハスクバーナ) 2021年モデルとしてNorden 901を生産へ

しかし、空っぽの道でこれが求められた場合、そしてバーと格闘して、タイヤをスクラブする必要があるとき、SVARTPILEN 701は喜んでこれを支援するでしょう これは、気楽な未経験者が定義するライディング体験です
1960年代から1970年代にかけてハスクバーナはで圧倒的な力を誇り、125cc、250cc、500ccの部門で14回、で24回、バハ1000で11回優勝している FE(4ストローク)モデルに調整可能なエンジンマッピングと最先端のトラクションコントロール採用• スウェーデンを起源とするブランドならではのシンプルかつ先進的なデザイン、ハイエンドのコンポーネントや俊敏なハンドリングを備えた Svartpilen 125はダイナミックで歓びに満ちたライディング体験を提供します
SMR449• トルクカーブを走行し、自信を持ってコーナーを回ること 現時点での日本発売は未定ですが、近い将来、発売される可能性が高いと踏んでいます
スウェーデンの老舗メーカーであるハスクバーナは、特にオフロードでの活躍で知られていましたが、近年はコストパフォーマンスに優れるロードスポーツ「SVARTPILEN」シリーズと、そのスクランブラー版とで、オンロードにも進出してきたのは記憶に新しいと思います また、ライドモード2を選択すると、スロットルレスポンスやトラクションコントロールの介入度合の変更に加えて、ABS も前輪のみ機能するモードに切り替わり、オフロードやサーキットでのよりアグレッシブなライディングが可能になりました
ということで、かなり魅力的な「SVERTPILEN 125」なのですが、唯一残念なポイントと言えば、車両重量が146kgあるという点です Bybreとは聞きなれないブランドかも知れませんが、Bremboのグローバル市場向けブランド
CNC 加工されたトリプルクランプ• 堅実性、軽量性、没入感のあるライディングポジションにより、ヘルメットの奥の顔に微笑みが浮かぶのは間違いありません 当時はミシンやキッチン用品などの金属製品を生産し続けていましたが、1903年に同社初となる原動機付き自転車が製造され、ここからオートバイメーカーとしての地位を築くこととなります
SMR511• 都会でも郊外のライディングでも油圧式 BYBRE 製ブレーキと Bosch 製 ABS テクノロジーが様々な状況で優れたブレーキ性能を発揮し、また WP 製 APEX 倒立フォークと WP 製 APEX リアショックはライダーに快適で軽快なハンドリングを提供します 以降はフサベル側がハスクバーナのブランドを継承し、KTM傘下として現在に至る
ハスクバーナ SVARTPILEN 401 695,000 円(消費税込) URBAN EXPLORER SVARTPILEN 401は、頑丈に作られていることをアピールしている以上、何の言い訳もしません しかし、そんな弱点を差し引いても、この素敵なデザインなら、群雄割拠の125ccクラスでも十分に戦っていけるのではないでしょうか
77 11