イチジク 育て方。 イチジクの育て方

関連する植物• 剪定は1~3月の寒い冬の時期に行います。 熟れすぎたイチジクはジャムにすると美味しく食べれます。 イチジクの増やし方には、挿し木という方法があります。 秋果 蓬莱柿(ほうらいし) 早生日本酒、日本イチジクとも呼ばれ、耐寒性が強く、収穫量の多い品種です。 その際、3芽(3節)の少し下の部分を切るのがポイントです。 イチジクとは• イチジクを地植えで育てるときに気をつけることは? イチジクを地植えする際は、「忌地(いやち)」に気をつけてください。 果樹苗は、インターネット販売もしています。 ただし枝先の小さな実は、大きくなりにくいので早めに摘み取りましょう。 土が湿っている状態が続くと根腐れが起こる心配があるので、過度に水やりをする必要はありません。 経済事業• イチジクの実を食べるときは、断面にある粒状の花も観察してみましょう。
24

つややかな黒みを帯びた小さめの果実は、ガーデンに個性をもたらします。

イチジクは、写真のように主枝を左右水平方向に伸ばし、その主枝から果実がつく枝を垂直方向に伸ばす仕立て方もできます。

十分に根がはったら、1株ずつ10号鉢か、日当たりのいい地面へ植え付けてください。

夏の日照りが続くようであれば、水やりを行ってください。

『秋果専用種』『夏秋兼用種』が扱いやすい• とくに寒冷地で地植えする場合は、株を不織布で覆って風よけをつくる、藁やマルチを敷いて土を保温するなどして、寒さ対策をしっかりと行いましょう。

植え付け方 直径・深さともに50cmほどの植え穴を堀り、苗木を植えつけます。

園主の大森直樹さんは、NHK「趣味の園芸」講師として長年出演するほか、果樹関連の著書を多数著すなど果樹栽培の指導・普及を行っています。

さび病は、葉の表面に淡褐色の小斑点ができ、その葉裏は黄褐色の粉状になります。

さらに保水力がないと、イチジクの根は浅いので、充分に水分補給できないまま土が乾いてしまうことに・・・。

それにしては家庭果樹としてあまり人気が、ないように思われます 我が家でも植えていますが、株が横に広がるのと、 雑木林に接しているので害虫 特にカミキリムシの 幼虫(樹皮や木質部を食害)の被害が多く、 つい庭の隅に置かれていました。

発根の状態を確認するためには透明なビニールで包みたい ところですが、根は光を嫌いますので、有色のビニールにします。

地植えの場合 イチジクは 水はけがよい土を好みます。

カビの一種であるさび菌により発病するさび病は、葉が病変を起こしたのち、落葉します。

樹勢があまり強くないので、スペースがあまり取れない場所でも育てることができます。

しかし、夏果は前年枝に着果し、しかも比較的枝先につくため、枝を切り詰めると着果しません。

(垂直に誘引した結果枝には巻きません)稲ワラは翌年の3月中旬まで、巻いたままにします。

土の上に苗木を置いた後は、周りの土を被せ根づきやすいよう軽く押さえます。

4月以降に食い入った穴から出るふんを頼りに幼虫を捕殺するか、6月ごろから現れる成虫を捕殺します。

80