横浜 駅 構内 図。 駅情報 ( 横浜駅 )

地下1階部分では、「きた通路」「中央通路」「みなみ通路」が東西に貫き、「きた東口(A・B・C)」「きた西口」「中央東口」「中央西口」「みなみ東口」「みなみ西口」の6か所の出口がある。

そごう• (昭和51年):3号線が開通。

改札階では、階段・エスカレーターとも4か所すべてが同じ方向を向いている。 (昭和37年):東急東横線ホームが島式1面2線から変則相対式2面2線に変更。 2010年10月1日より当駅南口に遺失物管理センター(に委託)を開設し、従来、改札・出札・ホームの各部署で対応していた遺失物の取り扱い業務を当センターへ集約した。 「」が採用される。 神奈川県横浜西合同庁舎• かつては上りのが大幅に遅延した際、朝ラッシュ時の通勤輸送への影響を避けるため小田原(当駅の代替として臨時停車) - 品川間でを走行し、当駅を経由しない場合もあった。 2Fが乗車ホームで、地下が改札出口階です。
1

横浜シティ・エア・ターミナル• スマートフォンが5Gに対応すれば、WiFiやビーコン等でが得られるようになります。

(東横はB5F) 相鉄線、地下鉄ブルーラインは少し離れた位置ですので、乗り換えの際には出る改札によっては地味に歩く距離感になってしまいますね。

どのくらい広いかというと、はじめて来た人はもちろん、筆者のように何度来ても、迷子になってしゃがみこんでしまいそうになるくらい広い。

北コンコース、中央コンコース(北側)、南コンコース、それぞれ設置されています。

待ち合わせのためのスペースが十分あり、混雑時でも利用しやすいためです。

南軽井沢 出口10A• (昭和46年):横浜市電の横浜駅前電停が廃止。

地下1階への出入口ごとおよびフロアごとにそれぞれ3色のアクセントカラーを設定している 横濱中華弁当• 東口バスターミナル• 自社路線まわりを図にしたもの 相鉄線 立体図と平面図 地下の位置関係を理解しやすい 東急 立体図 平面図 横浜市営地下鉄 立体図 京急 立体図 乗換ルートの探索 普段は慣れたルートを使います
JRの制度における「内」の駅であり、運賃計算の中心駅となる 東急最南端の駅である
市立岡野中学校• 品川駅とともにで最初に開業した 横浜駅西口郵便局• 京急横浜駅上りホーム店 - 京急線2番線ホーム• はまりん横浜駅店 - 市営地下鉄線改札外地下1階、2番出口近く• また、改札内を含めるとホーム内も範囲に含まれ、さすがに一筆書きはできないので、対象範囲は改札外のみとした
当駅発行の定期券については従来通り出札で管理している
JR横浜駅のわかりやすい構内図、待ち合わせ場所一覧のマップを作成しました :京急本線ホームが変則相対式2面2線から島式1面2線に変更
スポンサーリンク 駅探 平面図 シンプルなので全体をぱっと見て把握するのに便利 ホテルキャメロットジャパン• そのまま東横線の改札を目指してさらに下る