かいがく ぜんいつ。 鬼滅の刃で我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)が因縁の相手となったのはなぜ?|漫画情報.info

もしも、獪岳・善逸・師匠で心の底から本音をぶつけて話し合っていれば、3人の未来は変わっていたかもしれません。

獪岳の耳には届きませんでしたが、兄弟子に対するこれまでの気持ち全てが込められたセリフでした。

しかし、獪岳は弟弟子と自分が同列に扱われるのが我慢ならず、善逸が贔屓されていると考えていたのだ。

しかし「鬼殺隊見聞録・弐」にて評価が判明する。

獪岳はこの時すでに鬼殺隊の隊員でしたが、まだ悔いのない生き方ができていなかったために、死ぬことができなかったのでしょう。

善逸にとって、自分を見込んで色々教えてくれた師匠を失う原因となった相手。

ありがとう。

それなのにその仕事を選んだということ自体、獪岳はそれなりの覚悟や努力をしてきた人であることがわかります。

【画像】進撃の巨人のエレンイェーガーさん、化物だった・・・• 善逸は寝ると強くなる理由は、• そして善逸に対し、「先生の時間の無駄」だといって雷の呼吸の習得を諦めさせようとします。

関連イラスト 公式ファンブック鬼殺隊最終見聞録・弐にて明かされた。

鬼滅の刃について合わせて読みたい記事はこちら!. 気を失った善逸は桑島慈五郎の夢を見ます。

56
>> 善逸の兄弟子である獪岳はどうして鬼へと変わり果てたのか ここでとても気になるのは、 獪岳は鬼へと変わってしまったのかということです 一方の獪岳は身体が崩壊しながら奈落へ落ちていきました
ただ、流石に上弦の伍だった「玉壺の後釜までの実力はない」と判断されて、上弦の陸止まりだったのかもしれません 獪岳はまだ鬼になってから日が浅く、血鬼術を自分のものにする事ができていません
俺、ねずこちゃんと5位とかがいい 獪岳は「2人に不当な評価を受けた」と被害者意識を持っていたことは原作漫画の描写を見てもわかります
もしかして獪岳は 鬼に向いている存在だったのかもしれません 善逸 お前は儂の誇りじゃ 善逸、桑島慈五郎ともに号泣です
血鬼術によりの斬れ味が強化され、呼吸の演出も善逸と異なり 黒い雷になっている 血のつながりはなくとも、家族のように暮らしていました
また、二人の呼吸での関係性が特徴的で、雷の呼吸の 壱ノ型のみ使える 善逸と、 壱ノ型のみ使えない 獪岳という関係があり、獪岳は壱ノ型が使える善逸を疎ましく思い、壱ノ型しか使えない善逸は自分のできない他の型ができる獪岳を尊敬していました その少年は鬼に遭遇しました
獪岳は善逸兄弟子ポジションなので、言うなれば 善逸の兄貴分です ですが獪岳はある日、鬼と遭遇して死にそうになり、その鬼に命乞いをする形で自身が鬼になり、なんとか生き続けようとしたのです
それが巡り巡って運命を決めたとも言えるだろう 全然ふざけていません
57

作中では桑島慈悟郎の一番弟子と言えるポジションです。

意味が通るように意訳すると、「悪賢さの頂点」という意味になるのです。

で、その妄想が逆恨みという形になり、獪岳が鬼になった理由の1つになった可能性は十分に考えられますね。

弐ノ型「稲魂」 斬撃を食らった者は、体内で斬撃がヒビ割れを起こし続ける。

戦いではお互い雷の呼吸を使いながら繰り広げられます。

39