百尺竿頭 に 一歩 を 進む。 「百尺竿頭」とは?意味や語源、使い方の例文をご紹介!

高い竿を登ってやっとのことで頂上まで来ました。

しかし、そんなところで満足していてはなんの意義がない。 —しかし— 上りつめたとしてもそこに「安住するな」「安住してはいけない」という戒めとして受け取ってみればどうであろうか。 悟りであろうと、どんな立派なものでもあろうと、それがあるとそいつは不純なものだから、そいつは燃焼しない。 それは「進一歩」ということであった。 何かを達成してからが、人生の本当の見せ場である。 直訳すれば「誰であろうと簡単には理解出来ないぞ」ということでしょうか。 「百尺竿頭に一歩を進む」の由来 「百尺竿頭に一歩を進む」の由来は、禅宗の書籍『景徳伝灯美録 けいとくでんとうびろく 』に登場する禅僧・長沙景岑 ちょうさけいしん の言葉です。 確かにこれまでのシステムが猛烈社員をうみ滅私奉公を育て、それなりの存在価値を持っていたことは否定出来ないのだが、各企業共今やそんな呑気なことを言っている状況ではなくなったのである。
まとめ 勉強すればするほどまだ勉強することが増えてきて際限がありません 優勝したからと有頂天にならず、 百尺竿頭に一歩を進むように安住しないことが大事です
以来、 ・2014年の検定まで30回合格 ・2014年 漢字教育士 資格取得 全ての執着を捨てて奮起すれば、本来の自分を見つけだすことができて、新たに生き直せる
出典「碧巌録」:中国の仏教書 以上のことを前提として、先の漢文を解釈をしてみる
すでに五羽も六羽も口にくわえた狐がなおも獲物を探し回って右往左往している 禅語に親しむ <今月の禅語> 『百尺竿頭進一歩』 (無門関)百尺竿灯に一歩を進む この語の百尺は数値としての長さのことではなく、それほどの高い竿の先と いう意味で、長い修行で至った悟りの極地の喩え
百尺竿頭に一歩を進むのは普通の人ではなかなかできないことです 200円引きのお買い得となっている
極めると言うことは、命がけのことなんですね 今風に言えば「生命が一番大切だといいますが、本当にそうですか」という問いは、この僧ならずとも思うことかも知れません
2店目 2時間飲み放題