被害 届 受理 されない。 強制わいせつ罪での被害届け不受理。警察は証拠まで見せないと被害届を受理しないのですか?

被害者本人が行うと余計に犯人との関係がこじれたり、暴行を受けたりする可能性もあるので、絶対に自分での調査はしないでください。

(記事内の写真はすべて筆者撮影) 【参考】 ・2017年の改正時にも、支援団体らは「暴行・脅迫要件の壁」を訴えていた。

37 70
しかし警察は必ずしも動いてくれるとは限りません ただし、裁判所から証人として出頭することを求められた場合には、これに応じる義務があり(刑訴法143条)、拒否すれば10万円以下の過料(同150条)や、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金(同151条)に処せられる危険があります
警察が動かない嫌がらせ・イタズラには被害届や刑事告訴以外の方法も視野に入れよう 嫌がらせやイタズラの多くはれっきとした犯罪なのだから、警察に取り締まってほしい、犯人を捕まえてほしいと思う人は多いでしょう こうした場合も、受理をしてもらいづらい場合があります
告訴して冤罪だったという結果は避けたい 告訴を受理すれば警察は検察に調書や証拠などを送付すること、それによって裁判になるかならないかが決まることは上で述べました 出典:産経WEST(2017. 結局、立件する時は、「実害」のある傷害罪や暴行罪を適用することになる
もし受理されない場合でも、弁護士に提出時に同伴してもらうことで受理となる場合もあります つまり、7年以上前の詐欺事件は起訴できないことになります
しかし、通常は捜査しないと思われます 警察の指示に従い、捜査に協力しましょう
通報 被害者または第三者から事件性があると思われる出来事についての情報を警察に連絡することで、事件性があると判断されれば刑事事件としての捜査が始まります 集団訴訟プラットフォームのenjinで被害を取り戻そう 証拠や費用をみんなでシェア