労働 基準局。 都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧|厚生労働省

)の組織及び運営一般に関すること。

そのため、トラブルを より確実に解決するためには、「申告」の手続きの方がおすすめです。

に関すること。

(平成19年12月5日 法律第128号)• ですが、年間約100万件もの相談に対し全国に配置されている労働基準監督官の人数はわずか3,000人程度と 明らかな人手不足であり、どうしても人命に関わる問題が最優先されます。

もちろん公務員や教員も相談することはできますが、上司とのつながりがあるかもしれない同じ公務員に相談するのは少し不安ですよね。

の規定による一般拠出金及びこれに係る徴収金の徴収に関すること。

ただし、その場合には会社に知られる可能性があります。

92
また、労働基準法上の「労働基準主管局」にあたり(労働基準法第97条)、労働基準局長はをもって充てられ、下級官庁である長及び長を指揮監督する。 (昭和28年8月17日 法律第227号)• 労働関係法課• 労働者の団結する権利及びその他の団体行動をする権利の保障に関すること(の所掌に属するものを除く。 総務課• 経営者の 逮捕(悪質な場合) などの対応を取ってくれる可能性があります。 制定年順) [ ]• なぜなら、先ほどもお伝えしたように、労働基準監督署は慢性的な人員不足であるため、すべての通報で動くわけではないからです。 登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了! 転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。 都道府県労働局における労働基準局の所掌に係る事務の実施状況の監察に関すること(労災管理課の所掌に属するものを除く。 労働条件が雇用契約と異なる• 情報の整理とは? ハラスメントによる損害賠償請求などは労働基準監督署では解決できないため、まずは、相談したい内容が 労働基準法違反に該当するか確認しておきましょう。 平日の夜間( 17時〜 22時)、休日の昼間( 10時〜 17時)に電話が可能なので、平日は忙しいという人でも大丈夫です。 安全への配慮が不十分な危険な現場での作業• 労災管理課• 労働安全衛生法第57条の2の規定による通知に関すること(労働基準監督官の行う監督に関することを除く。
9
パートタイム労働者であっても、一定の基準にあてはまれば雇用保険の加入が必要です。 すべてが違反企業とは限りませんが、単純に1人あたりの担当数を計算すると年間約333件もの事例を扱うことになります。 解雇、雇止め• に関する政策の企画及び立案に関すること。 労働衛生課の所掌事務(厚生労働省組織令第70条)• 最寄りの労働基準監督署は、こちらから探すことができます。 ハローワークへの届出は、労働基準監督暑へ労働保険保険関係成立届を行った後にする必要があります。 (昭和23年12月20日 法律第257号)• 所掌事務は、等に関すること。 従業員を1人でも雇う場合は、労働保険への加入が必要になります。 会社への 是正勧告• ただし、「相談できる = 労働局が会社に何かを命じてくれる」ということではありません。
55