コロナ コメンテーター。 「コメンテーターは全員が無責任。恥を知れ」百田尚樹氏、コロナを楽観視してきた発言を断罪 賛同の声集まる

本誌・週刊ポストが確認すると、「2020新型コロナ関連専門家・テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)の上位10人のうち4人がワクチンメーカーから謝礼を受け取っていた。 NPO法人「医療ガバナンス研究所」と探査報道メディアの「Tansa」は、共同で「製薬会社から医師個人に支払われた金銭」をデータベースとして公開している。 4月ももうすぐ終わりです。 NPO法人「医療ガバナンス研究所」と探査報道メディアの「Tansa」は、共同で「製薬会社から医師個人に支払われた金銭」をデータベースとして公開している。 「医療者(医師)が処方する薬の売り上げが製薬会社の収益の大部分を占めている。 認定専門医ではなくとも、尾身茂先生や和田耕治先生などは、感染症の封じ込めなどで実績がある方。 「辛口で周りの人がなかなか言えないことをズバッと斬り込んで発言するので好感が持てる。
37
彼らの生態が把握できると同時に、いかに地上波番組の危険性が強いかがわかります 彼のコメントがいいという意見はほぼなく、 「柔らかな物腰で視聴者をなごませてくれるから」(43歳/パート) というように、彼の性格的な部分が高評価に
- 名無しさん 2016-01-11 15:59:36• 発言が完全に反日 - 吉田照美 2019-11-17 14:24:00• こうした識者は、公衆衛生政策の専門家と言えます」 コメンテーターの間で意見の分かれた「PCR検査の対象者」についての議論では、感染症専門医たちは、エビデンスに基づいて発言をしていた 2019年、2020年も講演はあったと思いますが、今までもそしてこれからも、謝などで発言が左右されることはありません」 と回答
失言多し 「医療者(医師)が処方する薬の売り上げが製薬会社の収益の大部分を占めている
- 一紫旋翔 2017-08-18 14:44:29• 開発・販売している製薬企業からの支払い金額で1位は、出演番組数8位の三鴨廣繁・愛知医科大学大学院教授で、約1150万円 スクランブル」 A は行 人名 (ふりがな) 肩書き ・役職 出演番組 (地上波に限る) 備考・資料 危険度 (はせがわ ゆたか) フジテレビアナウンサー 「とくダネ!」・解説 麻生総理を恣意的に陥れる発言多し
前出・尾崎医師が語る しかし、この方針はキャスティング担当者から思わぬ不評を買いました
A 与良正男 (よら まさお) 毎日新聞論説委員 TBS「みのもんたの朝ズバッ!」 TBS「サンデーモーニング」 政権交代論者 引き続き、 真の「専門家」に敬意を払い、その発言に謙虚に耳を傾けていく姿勢を忘れないようにしたいと思います
今はワクチンに対する不安が必要以上に大きくならないよういろんな情報をお伝えするように努めている 言い訳を早く聞きたいね
かつて小沢秘書の犯罪を徹底擁護した (なお、これは余談ですが、私が身を置く 法律の世界でも、「前提となる事実」と「それに対する評価・主張」を明確に峻別する、というのはイロハのイであり、これを意識せずに混同した文章を書いたりすると、「こいつは基本が分かっていない」として、ケチョンケチョンに怒られます
しかし、ワイドショー的なテレビ番組では、 自称「医療ジャーナリスト」や門外漢の「政治評論家」など、 医師ですらない医療の素人が、 およそ根拠に乏しい自説(というほど信念をもって論理一貫しているようにも思えませんが) を好き勝手に叫びまくる日々が未だに続いています 2020年上半期にテレビ出演回数上位10位までの専門家11人中(同率10位2人)7人に対して17年度に製薬企業から支払われた謝礼金は総額3557万円であった
38