西田 佐知子 東京 ブルース。 西田佐知子の歌詞一覧リスト

47
演奏は、ポリドール・オーケストラ 愛の終りのときに(西田佐知子悲しみをうたう)(SMR-3021:1968年8月5日)- 唄と• 東京から来た便り(H-15267:1957年)- マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義
現在はとなっている 1994年にはがカバーした(アルバム『綴織百景 VOL. (1999年:POCH-1842)• 前者は非売品の宣伝盤として一部に配布、後者はシングル盤としてに発売
作詞: 、作曲・編曲:• A面曲で、B面は「涙の乙女星(丸山美智子 」 実質的引退 [ ] の結婚後は仕事をセーブし、オリジナル作品のほか歌謡曲・演歌・ニューミュージックなどのカバー作品も発表し、レコーディング活動が中心となっていたが、新曲は発売の「テレビを見ている女」が最後となった
が(2年)4月21日に発売した「めざめ」の作詞を担当 の映画『』()の劇中において、本楽曲が使用されており、同映画のCDにも収録された
西田佐知子、恋を唄う(SMR-3036:1969年3月5日)- 唄とナレーション の初出を含む• なお、淡谷のり子の『』など同タイトルの曲がほかに何曲かあります ピンクレディ(日活映画「海から来た流れ者」挿入歌)(DJ-1065:1960年3月1日臨発)- B面曲で、A面は「わたしのばら(千草春美)」
東京讃歌(さっちゃんのムード軽音楽集)(SLJM-1120:1965年1月新譜)- 西田佐知子のヒット曲をポリドール・オーケストラが演奏したもので、本人歌唱はなし(編曲:川上義彦)• ()からの第1弾で、西田佐智子名義 ほか、2003年9月放送開始の『』第133話劇中でも使用されている
月新譜) 『浜千鳥』は(大正8年)発表の日本の 西田も結婚後の後半にモノラル時代の主要曲をアルバム用にステレオ再録音したが、現在はとなっている
51

島のかよい舟(H-15236:1956年11月15日)- B面曲で、A面は「利兵衛晴れ姿(藤島桓夫)」。

愛ひとすじに(西田佐知子オリジナル・アルバム)(MR-2203:1971年12月新譜)• 私は幼い頃から彼女の大ファンでしたが、人気と実力を兼ね備え、しかもその魅力を私たちに植え付けたまま、結婚を期に潔く引退した彼女のその後の生き方もまた素敵に思えます。

東京ブルース(西田佐知子ヒット曲集)(LPJM-7:1964年6月新譜)- 30cm・モノラル盤• マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義。

「」は時点でもので歌声が使用されている が、にはが歌うバージョンも使用された。

昼は太陽(DJ-1110:1961年1月20日)- B面は「僕の好きな娘(竹田公彦)」• B面は「長崎の夜の物語(高城丈二)」• (2006年:EJS-5)• パーフェクト24(MR-9947~8:1976年) 2LP• (2006年)• (2005年)• 鍵をかけないで(西田佐知子ヒット・アルバム)(MR-3098:1970年4月1日)• 西田佐知子叙情曲を歌う(SLJM-1022:1963年12月新譜)- 30cm・ステレオ盤(全12曲)• 女の意地 西田佐知子ベスト・ヒット・アルバム(MR-3162:1971年3月1日)• さっちゃんとともに(アカシアの雨がやむときから東京ブルースまで)(LPJM-10:1964年11月新譜)- 30cm・モノラル盤• 赤坂の夜は更けて(西田佐知子ヒット曲集)(SLJM-1244:1966年2月5日)• 発売された1964年はが開催された年であり、名前に「東京」のつく楽曲や言葉(商品コピー等)が流行した。

B面は「独立騎兵隊マーチ(ハニーナイツ)」• 関連項目 [ ]• 夜が切ない(DJ-1034:1959年10月20日)- B面曲で、A面は「哀しみは胸深く(原田信夫)」。

母孔雀の唄(H-15247:1956年12月15日)- 同名の東映映画主題歌。

ところが、西田佐知子の「東京ブルース」には、タイトルとルフランに「東京」が有るだけで、夜霧の街であれば何処でも歌えるし、東京が在る限り、期限は見当がつきません。

15臨発)- ドイツ録音で、バックはホルスト・ヴェンデ楽団• CMとシングルでは一部歌詞が違う。

21