刑事 コロンボ 構想 の 死角。 webnews/コロンボにもの申す『構想の死角』

しかし、コロンボの追及に耐えられなくなったナディアがいずれ自白することを恐れ、彼女に催眠術をかけて高層マンションのベランダから転落死させた。

駐車している車まで誘導し終えると、ケンは忘れものをしたとオフィスに戻る。

明るく悪戯好きな性格。

40話『』の犯行現場となる 『シグマ協会』にも、メルヴィル婦人の肖像画がさりげなく飾られている。

しかし、『ミセス・コロンボ』は『刑事コロンボ』スタッフの反対を押し切って制作されたもので、ファンの支持も得られず、制作側()もミセス・コロンボがコロンボ夫人と同一人物であることを否定した。

71

さらに、その浮気相手であった助手のチャールズをも、訓練したに襲わせて殺害した。

備考:演じたパトリック・マクグーハンはこのエピソードでコメディ・ドラマ部門の最優秀助演賞を受賞した。

備考:第4シーズンの「祝砲の挽歌」で犯人を演じたパトリック・マクグーハンが再登板した。

被害者:ミダス電子工業会長 マーガレット・ミダス(演:)• それを奇禍として財産家で慈善家である自分の妻を風呂場で溺死させ、コードウェルにはアリバイ工作の手伝いをさせた。

ノーラ・チャンドラー同様、コロンボの青春時代の憧れのスターだった。

19
備考:スペシャル・ゲスト・スターとしてクレジットされている俳優が犯人役を演じたのは、この作品が初である(オナー・ブラックマン)。 コロンボが敏腕刑事であることをいち早く見抜き 、最後の最後までコロンボを手こずらせた名犯人である。 新シリーズの犯人 [ ] 第1シーズン [ ] 汚れた超能力 "Columbo Goes to the Guillotine" エリオット・ブレイク - 演:(吹き替え:野沢那智)• コロンボはあまりお金を持ち歩かないので、コロンボが飲食店などでお金が足らず支払いができない場合には相棒が代わりに払わされることが多い。 メニューにチリがない場合でも注文するほどである(第22話「第三の終章」)。 プリンスのアシスタント役で、マクグーハンの長女、キャサリン・マクグーハンが出演している。 『私が愛した"刑事コロンボ"』脚本家ウィリアム・リンクインタビューより• 好物は(チリ)と。 被害者:小説家 アラン・マロリー(演:)、爆弾マニア エディ・ケーン(演:ジョン・チャンドラー)• 初回生産分には「殺人処方箋」NHK版日本語吹替収録に使われた台本の縮小復刻版が付属していた。 原語では「ライスプディング」と言っており、字幕は「安物のプリンさ」と表記される。
97