コスタ アトランチカ 長崎。 三菱重工長崎造船所、コスタ・アトランチカ修繕を受注 他2隻の客船係留も

「医療の届かないところに医療を届ける」を 理念に活動しており、海外では、ミャンマー・カンボジア・ラオスにおいて無償で子どもの診療・手術を実施し、その数は年間約3万件に上ります。 これまで、船内で過ごされてきた乗員の皆様にとりましては、長期間にわたる船内隔離を経ての出航で安堵されているものと思います。 情報元:テレビ長崎2020. 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 とはいえ、県内にある人工呼吸器などの資器材の数や医療関係者の数も限られる中、これ以上クルーズ船からの救急患者が増えるのか、予断を許しません。 感染者が増加し、日本政府が4月7日に非常事態宣言を出したにもかかわらず、コスタ・アトランチカでは乗員の乗り降りが続いた。
94
」 2. コスタ・アトランチカ号が本日、無事、フィリピンに向け出航しました。 長崎県は感染者のうち軽症者や無症状者については船内で経過観察し、重症者は医療機関で受け入れるとしている。 生活の衛生 「ランドリーが共有なので使用時間を分けて利用、消毒の徹底をしている。 長崎で学んだことを国外のこれから恐らく感染爆発するであろう国々にも伝えられたらと思っている。 当初は「3月14日以降は誰も乗下船していない」と主張していたクルーズ船でしたが、実際は14日以降も下船していた事がわかっています。 修繕をしている、作業員の人が家族にいる人は、勿論、 いくら注意して、対策をしていても、心配でしょうし…。 私たちは長崎のみなさまにご安心頂けるよう、日本政府、関係機関のご支援のもと、この状況に専念し全力で立ち向かっています。
10