両 利き の 経営。 両利き経営を実現する コーポレート・ トランスフォーメーション

ネット書店 1994年創業時• バーチャル社員は「仮想的な社員」という意味ではありません。

「〇〇社がやっていることをうちの会社でも取り入れるためには、今の商品をどう変えていったらいいだろうか?」といった具合ですね。

このUSAToday. たとえば知識の探索で新たな知識、スキルを身に付け、それを知の深化で伸ばしていく、というのが王道ですね。

社会に置き換えてみれば、SDGsもそうですが、解決しなければならない問題は、両利きの経営感覚でないと実行できないはずです。

この状況で主役となるのは、現在の経営者世代だけでなく、むしろ将来の経営を担い、逃げることのできない30代、40代である。

それぞれのフェーズで求められるリーダーの素質は異なる。

両利きの経営の事例• この2つがバランス良く行われることでイノベーションは起こります。

このような人材をベンチャーネットでは「」と定義しています。

両利きの経営の事例 ここからは両利きの経営によってイノベーションを起こした事例を2件紹介していきます。

日々めまぐるしく変化する現在のビジネス社会において、企業の経営者にはこのイノベーションが求められています。

このように、イノベーションは何か特別なことではなく、日々の仕事の中でふと湧くような思いを素直に表現し実行できる環境であるかとうかが最重要なのです。

しかし今後は「新規分野の開拓」や「既存+新規事業の融合」という点で、欠落している組織能力を素早く補強する体制が必要になるでしょう。

86

そして、入山氏によれば、本書には、以下のような四つの大きな学術的価値がある。

ここで、 「有利」と言っているのは、「スタートアップに対して」です。

次に、冨山氏は、本書の実務的価値について、以下のように解説している。

つまり、CXの真のゴールは恒久的にCXを続ける力、持続的な企業組織の変容力を獲得することにあり、変化に対応する組織能力を持つ企業が両利き経営の時代の勝者になっていくのである。

しかしこれらのエピソードは、イノベーション研究の文脈でいえばまさに「知と知の組み合せ」にほかならないことはお分かりになるでしょう。

今、求められているCXは、企業の最も根幹的な部分の改革であり、企業にとって憲法改正 あるいは新旧憲法の共存 くらいのスケール、時間軸、マグニチュードの大改革にならざるをえない。

但し、この場合に必要なのは独立性だけではなく、新規事業がグループ内で認知され、拡大し始めるにつれ、必要に応じて本社の経営資源に十分にアクセスできるようにすることであり、分離と統合を両立させなくてはならないのである。

日本企業の不振について、円高や法人税率、解雇規制などの外部要因に帰責する五重苦、六重苦論が長年、経済界の主流だった。

こうした本書の議論は、まさにわが意を得たりであった。

専門は経営戦略論、国際経営論。

79