梅 の 木 の 剪定。 梅の木の剪定方法を解説

com ウメを実際に剪定するにあたっては、次のような道具を用意するとよいでしょう。

1年目の剪定 1年目の剪定時期は9~11月です、 地面から30~80cmくらいまでの高さに幹を切り詰めます。
元気のない梅の枝が混んでいます。 癒合剤を塗る 基本的な流れは上記のとおりです。 ノコギリを使いましょう。 梅の品種は大きく分けて 「花梅」と 「実梅」の2種類が存在します。 それでは、夏と冬の剪定方法を解説します。 1本1本手で摘み取るのが面倒であれば、刈り込みバサミで、元の樹形に戻すように、新芽だけを切り取ります。 交差した枝を切る• 尖った枝でケガをしないようにする 剪定は不要な枝を切るだけではありません。
5
正しい方法で梅の剪定して、梅を長く大切に育てたいですよね 梅に肥料を与える時期は、 地植えなら12月~1月に、 鉢植えなら4月~5月が適期です
梅の木の健康のためには剪定後のアフターケアが重要です 弊社では、経験豊富な剪定のプロをご紹介しています
【2年目】枝を3本程度残す 2年目の剪定は、樹木を美しく整えるための基礎作りです 以下のような枝を見つけたら、枝元から切るようにしましょう
太い枝を切る際は、あまり長く枝を残さないよう枝元から切り取ります 枝を切る場所は 外側を向いた芽の上で切ります
枝が充実して結実し始めたら、古い枝を枝元から切り取って更新しましょう 脚立 高い場所の枝を切り落とすときは、脚立があると便利です
1年生の苗は、まっすぐな枝が1本伸びた棒苗の状態
梅の剪定2年目 剪定後、次の秋頃には下の図のような状態になります 1年目 一般的にウメの苗木としてよく流通しているのが、1~2年生の苗です
肥料を与える際は、植え付ける時に緩効性のものを使うといいでしょう ウメを大きくしたい場合は、先端付近の長果枝を生かし、1本に間引くとよいでしょう
31