選挙 妨害 ヤジ。 「ヤジは公職選挙法違反」ではない|ヤジポイの会|note

背景には、残念なことに、戦後74年たつというのに、未だに民主主義の根幹とされる選挙が警察の監視下で行われているという現実がある。 あと世論のほうですね。 1936年7月18日にスペイン共産党員のドロレス・イバルリが マドリード包囲戦で行った「奴らを通すな! この程度のヤジが自由妨害にあたる行為とはとても思えない。 「警察の政治的中立を疑われても仕方がない」と話した。 公職選挙法上の「 演説妨害」(当時は衆議院議員選挙法第115条第2号)の最初の判例はこの事件ですが、実は、「1948年の最高裁判例」はもう一つあります。 ことの発端は、安倍首相が東京都議会議員選挙での街頭応援演説の際に、集団でのヤジ行為 選挙妨害? を受けたことによります。 決してお行儀の良いものではなかった。 この毎日新聞の記事をリツイートしている有田芳生氏も、ノーパサラン(奴らを通すな)をよく使います。
37
例えば、オバマ前米大統領は在任中の16年11月、大統領選の民主党候補クリントン氏の集会で、共和党のトランプ氏支持者が演説を邪魔して場内が騒然とした際、自らへのヤジやコールではなかったが、「みんな静かに 一方で、「聴衆が演説内容を聞くことができなければ、選挙妨害に該当する可能性が高い」(岩渕美克・日大教授=選挙研究)との見方もある
街頭演説は黙って聞くべきなのか? 演説中に聴衆が意思を示すのはダメなのか 演説を聞いて欲しいなら『聞いてくれ』と言えばいい
さらに野間さんは、「市民が圧倒的な力を持つ権力者に向かって肉声で叫んでいるのに、『静かに聞くべきだ』なんて学校的道徳を持ち出してなぜ断罪できるのか」とも提起する 私の理解ではこの件に関してはN国党はアウトです
法に定めがあっても妥当性と世論が必要なんですね ヤジを飛ばす人と演説を聞いている聴衆の権利は、法的にどう整理されているのか
秋葉原の「ヤジ」が平和で民主的な抗議に印象づけるために「1人の男がヤジを叫んだ 「話が聞き取れなくなるほどの集団的なヤジやコールは、演説を静穏に聞く権利をふみにじる」と批判
皆さんさんはどう思いますか? 柏市議会議員選挙中に選挙妨害があり妨害者が逃亡を企てたので現行犯逮捕して柏警察に引き渡しました だが、その刑罰は、「三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金」となっており、先に挙げた選挙の自由妨害罪の「四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金」の方がより重い
特高時代の代物の復活 こうした警察のやり方をみると、戦前の行政執行法(明治33年)1条の予防検束「暴行、闘争その他公安を害する虞(おそれ)のある者に対する処分」が復活したような気さえする 公職選挙法225条には、演説の妨害を「選挙の自由妨害」として刑事罰の対象とする規定がある
「ノーパサラン」 奴らを通すな と共産主義信奉者 しかもルーマニア革命は、共産党の独裁政権が革命で倒され、自由選挙による民主主義へと移行したものなのに、秋葉原での選挙妨害は、民主主義の自由選挙のルールを「ノーパサラン」 奴らを通すな を好んで使う共産主義信奉者らが壊そうとしたもので、意味合いがまったく正反対です 」と叫び、再三その取消し釈明を求めた、という事案です
街頭演説は黙って聞くべきなのか? 演説中に聴衆が意思を示すのはダメなのか 「握手拒否した川井議長」とねつ造編集をするようなテレビ屋さんこそ、チャウシェスクのような末路をたどるのではないでしょうか
氏名で検索しただけで、「」なる団体の代表であるとすぐわかるのだが 」「如何なる根拠に基づき朝鮮を失ったと言うか
12

道警は7月16日の朝日新聞の取材には「トラブル防止と、公職選挙法の『選挙の自由妨害』違反になるおそれがある事案について、警察官が声かけした」と説明していた。

道警はいまだに「事実確認中」とくり返し、詳しい法的根拠の説明をしていない。

武内暁さんも野間易通さんも、秋葉原の安倍首相の演説が選挙演説であったことに触れていない。

ネトウヨのみなさんは、この話題について、二言目には「ヤジは公職選挙法違反だ」「排除されるのは当たり前だ」と騒ぎ始める傾向にありますが、過去の最高裁判例をもとに考えるなら、 肉声で、単独でヤジを飛ばす行為が、公職選挙法が定める「自由妨害(いわゆる選挙妨害)」に当たるということはない。

「警察の政治的中立を疑われても仕方がない」と話した。

ヤジは最も原始的な表現活動であり、ヤジを公共空間から排除することは、憲法が保障する『表現の自由』を狭めることになる」 北海道警はその後、当初の説明を引っ込め、代わりに「現場のトラブル防止の観点から講じた措置」と強調し始めた。

警察が動かないのは、『権力=悪』という構図で、警察の行動をマスメディアが報道することがわかっているからでしょう。

ヤジをめぐっては、札幌以外でも話題になった。

44