アマンダ ゴーマン。 22歳の詩人アマンダゴーマンさん、米大統領就任式で披露した詩

そんな小娘が、今この場で、詩を朗読している。

奴隷の子孫であり、シングルマザーに育てられた黒人の小娘が、大統領になることを夢見ることのできるこの国の。

Somehow we do it. しかし全体としては、慈愛にあふれていて、大胆で、力強く、自由だ。

日が登れば、我々は恐れることなく、炎の陰から出ていく。

Alter, Alexandra January 20, 2021. 「文を書くプロセスは苦しいことだが、言語障害を持つ者として、多くの人々の前で話すことは、それ自体が一種の恐怖をもたらす」 その詩人は朗読した後、ソーシャルメディアで絶賛された。

We seek harm to none and harmony for all. イヤリングは、同じく「ニコラス・クーリ」のカプセルコレクション「エネルギー」のもので、大胆さや活気に満ちたスピリットを表したものだそう。

静けさが平和だとは限らないことを。

is celebrating our 25th anniversary—that's 25 years of bringing you fearless, independent reporting. — to humanize those who were not born here, like myself. 私たちが、光になる勇気があれば。

Contents• ゴーマンの黄色いコートは、ジル・バイデンに向けたものだった ゴーマンはステージに上がるとき、鮮やかな黄色のコートを着ていた。

0625rem solid ececec;border-bottom:. We will rise through the golden hills of the West. にもかからず、朗読を含め、スタイルとしてはやっぱり、詩そのものやねん。

18 67