玖島 川 のり。 漁協名簿

42
391 (1994年 - )• 238• しかし,地図を見ると道はやがて行き止まりとなる 326• 176• 175 (欠番:1982年以降不使用)• さらに残りも救援すべく青年15人が漕ぎ出 したが帰ってくることはなかった<島根半島四十二浦巡り>
磐坂日子命(いわさかひこ) - 秋鹿郡恵曇郷• 218• 丁番号は読み取りにくいものが多い 、、 編著『出雲国風土記』 2005年 山川出版社• 2021年4月5日閲覧
466• 470• 298 (1996年 - )• (5年)になって、出雲国造のの監修のもと、秋鹿郡(あいかのこおり)の人、神宅臣金太理(かんやけのおみかなたり)の手によって出雲国風土記は編纂された ・往還はこの先堤防沿いに美談,川跡,武志を通って行く
後藤蔵四郎『出雲国風土記考証』(大岡山書店、1931年)• 川沿いに進んでゆくと,舗装道路ながら山道の様相を呈してくる 472 ()• 127 (欠番:1994年以降不使用)• 藩主は大社と日御碕詣でだけでなく鷹狩にも本陣を利用した[ 2009-1]
128 - 150 (欠番:1972年以降一切使用歴なし)• 【式内社】 ・もとは沼田郷廻(さこ)の奥(愛宕町)の丘の上にあり廻大明神といった それ以下の人々が身にまとうものとしては麻しかなかった
307• 251• 伊弉諾尊,伊弉册尊,瓊々杵尊,天照大神,素盞鳴尊,兒屋根命を祭った 慶長5年(1600)関ヶ原合戦では、西軍の本拠となり壮絶な攻防戦が繰り広げられたが、戸田家が入城してからは、歴代藩主とともに天下泰平の世を謳歌した
6 kmの道程である 302 (1996年 - )• 【メモ】 ・往還は平田船川の岸辺を通っていた
424 (2000年 - )• 253 (1980年 - )• 【メモ】 ・久多美,野石谷から山を越えた先には,塩浦,唯浦,釜浦など四十二浦のいくつかが松構えている 八尋鉾長依日子命(やひろほこながよりひこ) - 島根郡生馬郷• ・松江藩でも 17世紀頃から木綿の生産を始めた
13