時候 の 挨拶。 【一覧】時候の挨拶・季節の挨拶が分かる例文と結びの言葉

49
皆様お変わりないですか ここでは漢語調の時候・季節の挨拶を使う場合について説明します
末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます ビジネスのメール・手紙に使う「時候の挨拶文」の選び方 同じ月であっても時候の挨拶には複数あるので、「どれを使おうかな」と迷う人がいるかもしれません
本文は「さて、」「つきましては、」という言葉から始めるのが一般的です 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています
そこでいろいろとある行事の中で代表的なものを紹介していきます 皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます
この度は、すばらしい贈り物をありがとうございました 「鯉のぼり」とはもちろん、端午の節句に飾られる、鯉をかたどった吹き流しを指しています
青葉の候、折、みぎり• 3つの頭語をどのように使い分けるのか参考にしてください 大きく分けて「お礼・感謝」を伝える場合と、「お祝い」を伝える場合に分けてご紹介します
蝉時雨に包まれるこの頃 お元気で素晴らしい日々をお過ごしください 時節柄、お風邪などを召されませぬよう ご自愛ください
他にも、6月下旬は、「梅雨晴れの候」(つゆばれのこう)、「短夜の候」(たんやのこう)という時候の挨拶も使います また、「立夏の候や立秋とは名ばかりで」などのように、二十四節気の表現を用いることも多いですね
清々しい五月晴れが心地よい季節となりましたが、皆様におかれましてはご健勝のこととお喜びいたします 7月の結びの言葉• <例文> 拝啓 芳しい新茶の香りに心なごむ季節がやってまいりました
月ごとに代表的な時候の挨拶について以下にまとめました また、社内向けやお客様向けの書き出しについては臨機応変に対応するところがポイントになります
79
お見舞いの際にも同じく時候の挨拶は省いて書きます。 来る新年が素晴らしいものであるように 心よりお祈り致します。 過ごしやすい季節とは言いながら 夜分には肌寒さも感じるこの頃 どうかお身体だけは大切になさってください。 ご壮健で盛夏を乗り切られますよう 心よりお祈り申し上げます。 青葉若葉の好季節• 感謝の一言葉をひと言添えて、贈ってみてはいかがでしょう。
9