はたけ カカシ 素顔。 【ナルト】カカシの素顔がついに判明!顔が明かされた経緯まとめ

カカシがかなり後になってから万華鏡写輪眼を使い始めたのは、万華鏡写輪眼の開眼に自分自身が気づいていなかったのかもしれませんね。
当時、戦乱の世の中であったため、ミナト不在の中、三人は任務を任されます ガイの助けと火影として里に帰還したの治療によって回復するが、その後は上忍としての任務が多忙となり、サスケの「里抜け」には間に合わなかった
コミックス第16巻 第141話-第143話 カカシの写輪眼の能力は? 出典: オビトから譲り受けていた左目の写輪眼ですが、リンを殺してしまった際に、つまり 子供の頃既に万華鏡写輪眼を開眼しています
しかし、通り合わせたに話しかけられ食べる所を目視できなかったばかりか、肝心の連続撮りカメラでは丁度がハトにじゃれ付こうとした所だったため、ハトと赤丸、そして何故か木の葉に邪魔され口元を確認することは叶わなかった 性格がナルトと似ているオビトは、お年寄りを助けたりしていつも遅刻をしていました
そこに行けた人だけが知れた秘密であり、アニメで公開されることで秘密を知っている優越感が崩れます しかし、以前にサクラが写真は確認済みであり、その計画は使えないという話になります
本来しか持てないはずのを持っている理由、しょっちゅう遅刻をする理由は、全てに由来している ところがカカシには、自分にはそんな責任の重い仕事は向いていないと考え、いわゆる「出世」を考えていません
それだけの実力、実績があるため火影に就任したのは納得ができる人も多いでしょう 現実空間でナルトの螺旋丸をオビトに当てようとした時オビトはすり抜けに入ります
しかし、第四次忍界大戦では地図が変わってしまうほどの甚大な被害があったほどですから、その後に綱手の後任として火影になったカカシの苦労は相当なものであったことは容易に想像できます そこには、うちは一族のと医療忍者であるがチームメイトで所属していました
カカシが素顔を晒したキッカケは、ナルト達が素顔を暴こうと躍起になっているのを楽しむ目的で、影分身を使いカメラマンを装ったことです カカシは自身が能力を失った関係で火影に消極的でしたが、平和を守りたいとの願いが強くなっていたんですね
そんなナルトが火影になるにあたり、里の人々が不満を垂れ流すことはないでしょう この写輪眼を見事に使いこなし第三次忍界大戦では「 写輪眼のカカシ」の異名を大国中に知らしめた
40
ナルト中には恋人的な存在はおらず、【NARUTO】最終話でもカカシが結婚している描写はありません。 後述するように、ついに素顔が公開された訳ですが、どうしてカカシは素顔を見せないのでしょうか? 忍者学校を出た当時のナルト、サスケ、サクラの担当になったカカシは、教え子がマスクを取ろうと躍起になっているのを知っています。 はたけカカシの素顔に迫るという物語で、今回とうとう明かされることとなる。 そのため、錠前のピッキングなどが可能で、サスケも一目置くほどの腕前。 しかし、シカマルが背後に控えており、心転の術の失敗の直後に影真似の術を発動。 オレの仲間は絶対殺させやしなーいよ! この中にカカシの子供は・・・残念ながらいません。 しかしカカシの神威によってナルトも異空間へ飛ばしていたため、同じく異空間へ飛んでいたオビトに対してナルトが螺旋丸を当てる事に成功します。 戦闘に写輪眼が必要な場面になると、額当てを挙げて左目の写輪眼を使用します。 当初はの心転身の術で精神を乗っ取りマスクを外す予定だったが、カエルに邪魔されて不発に終わる。
11