山田 長政。 【日本人なのに他国の王に】静岡の偉人、山田長政!【なぜわたしはタイに行くのか】

しかし、関ヶ原の戦い以後、平和になり、武士の仕事が減ることを考え、商人として生きる道を選び、成功を夢に海外に活躍の場を求めることになりました 貿易で繁栄した経済力のあるアユタヤは、近隣諸国からそしてスペインから支配下に置こうと狙われていました
日本の江戸時代には、仕事を求めて多くの浪人が朱印船によってアユタヤに流れてきました 日本人町は、帰る者残る者でわきかえった
もし海賊強盗あれば武勇を以て追い払う故に、シャム国王もこれを調法に思い、地を貸して日本人を一部に置く すごいサクセスストーリーですよね
長政の外交上の事績は日本とシャムの親善に尽くしたことで,を求めるソンタム国王の国使に副書を託したり,のに手紙,贈り物などをことづけた He became involved in Japanese trade activities with during the period of the and settled in the modern-day Thailand around 1612. その後もシャム国使の来朝には書簡や進物 しんもつ を幕閣らに贈り、のに努め、かたわら商船を派遣して貿易を行い、シャムの・貿易に活躍した
He is said to have been a bearer for the lord of Numazu. ちなみに、友人のタイ人に「ヤマダ ナガマサ」といっても通じなかった イメージです その軟膏には 毒が含まれており、その毒が原因で41歳で亡くなってしまいます
それを記念して、静岡市では毎年「長政まつり」が開かれいる --ソンタム王の誕生日
Military involvement and lordship [ ] The army of Yamada Nagamasa in the Ayutthaya Kingdom The Japanese colony was highly valued for its military expertise, and was organized under a "Department of Japanese Volunteers" Krom Asa Yipun by the King of Ayutthaya. 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 「山田長政」の解説. この毒を指示したのはオランダの史料によれば、 またでたシーウォラウォンです!!👿 さらにシーウォラウォンは「日本人は反乱の可能性があるぞ!焼き討ちしろ!!🔥」 と、アユタヤ日本人町を焼き尽くし、廃墟になりました しかし日暹の交流がますます盛んになる一方、長政の人生は不穏な方向へと大きく転回する
長政たち日本人は、商人として貿易をしながら、いざという時には、アユタヤの傭兵(雇われ兵)として活躍していたのです 近世初頭の在住日本人の指導者
21