モンスター ショット インプレ。 このサイズを待ってた人も多いはず!青物、シーバス、ヒラスズキに実績十分の「モンスターショット」Newサイズ登場!

ジグだけでなくプラグを使うことでなによりアングラー自身が疲れにくい! また、プラグタイプによっては全層をナチュラルにアピールすることが出来たり、トップウォータープラグでは水面爆発で病みつきになったり、あえてプラッキング専門で狙う方も多いのではないでしょうか? ターゲットはスズキ族やフラットフィッシュはもちろん、青物、マダイ、チヌ、太刀魚などなど。 ただミノーの天敵である 風の影響が気になる所で、特に横風に煽られると本来の力が発揮できないタイプだと少し残念です。 モンスターがヒットしてルアーが割れて折れたとしても貫通ワイヤーで繋がっていればまだキャッチできる可能性がありますがリヤフックだけにフックがかかっていて折れてしまったらバレてしまいます。 HRCA アカハラキャンディー どれも釣れそうなカラーなので是非チェックしてみてくださいね。 この貫通ワイヤー方式では、ボディが壊れても、最悪ワイヤーとフックが繋がっているので、大物を逃す事がなくなります。
10

w まず飛距離。

必ずしもそうではありませんがこの確率は高くなります。

ただ、私の使用するロッド1010M+では、正直ちょっとパワー不足を感じましたね。

最初から大型の青物が出る可能性があるならモンスターショットを使った方が安心できます。

また流れやサラシの中でドリフトさせながらターンアクションでリアクションバイトを誘発することも出来る、スペシャル設計。

ヘビーショットとモンスターショットの違い ヘビーショットとモンスターショットの違いを解説します。

やっぱりロックショアとかオフショアで活躍するルアーなんだなという印象。

38