アキラ オリンピック まで。 『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった! (2014年2月3日)

それとほぼ同時に劇場版制作のため1987年の春から中断していた連載を再開。

薄汚れた看板には 「第30回オリンピックまで147日」と書かれています。

画像は、『 』(講談社)より 30年前に大友克洋が近未来の混沌とした世界を描いたSFアクション漫画『AKIRA』(講談社)。

これを受けて、五輪反対派からは、「グレーなままでまんまと逃げおおせた」「こんな黒いオリンピックは中止にすべき!」という批判が持ち上がっていたのだ。

さらにオリンピック開催前に「前総理」と発言していることから、東京オリンピック開催までに安倍内閣が終わることを予言していたとの声もあります。

それから31年後の2019年、東京湾上に築かれた都市「ネオ東京」では、翌年にオリンピック開催を控え、繁栄を取り戻しつつありました。

オリンピック開催中、反ユダヤの看板は一時的に外し、開催中は新聞報道でも乱暴な差別的発言は控えて、、、そう、オリンピックは平和に友好的に開催されたんです。

映画『AKIRA』のあらすじとネタバレ C 1988マッシュルーム/アキラ製作委員 1988年7月16日、関東で新型爆弾が投下され、第三次世界大戦が勃発。 ついには鉄雄の体は巨大に膨れ上がり、今度こそ決着を付けようと現れた金田、ラボに戻るよう説得する大佐、そしてカオリを呑み込もうとします。 「この東京を別のかたちで語り直してみたいという欲望があったんだろうな。 ある日、暴走中に鉄雄がタカシと衝突したことで警察に捕えられ、金田は留置所で出会ったケイに一目惚れする。 一発ではなく、二発も「食らってしまう」というところが、同じだ。
57