三浦 弘行。 棋士・三浦弘行九段の不正疑惑 周囲が疑念を抱いた「超人的な読み」

第三者委員会による調査 [ ] 日本将棋連盟は、10月27日には一転して、を委員長とし、、を委員とする第三者調査委員会の設置を決めた 三浦九段の不正疑惑を指摘した渡辺竜王は11月1日、自身ので「10月上旬の時点で放っておいても三浦九段に対する報道が出る可能性が高いことを知りました」「報道が出ることを知っていながら放置して最悪の状況を迎えるリスクを取るか、事前に三浦九段に話を聞くかのどちらかしかないわけで、後者を選ぶまでは止むを得なかった思います」とした上で、「常務会が竜王戦の開幕前に三浦九段に話を聞く、までが自分の行動意図です」と不正疑惑指摘に関する一連の行動について説明した
() 2016年10月27日(報道記事)• 離席の長さやタイミングが不正の直接の根拠とはならない」としたという 連盟も今回の騒動で大変な被害を被ったと思うんですけど、ただやっぱり悪意を持って、私のことや将棋界全体を苦しめた一部のメディアと一部の棋士、そして私が不正をしているという噂をまき散らし将棋界を無茶苦茶にした観戦記者の小暮克洋氏だけは、許せないという気持ちはありますね
() 2016年11月25日(ブログ)• 開場:14:50 開演:15:00 2016年12月26日()• 更に、普段は将棋のことを一切扱わない新聞(社会面)、テレビ(ニュース、ワイドショーなど)、週刊誌など連日この話題を報道し、将棋界を超えた大問題へと発展していきます は2勝2敗から怒涛の5連勝、2年ぶりとなる7勝2敗の成績で初の名人挑戦を果たす
日本語,放射線肺臓炎のCT所見 経時変化の検討-(共著),臨床放射線,51巻 1号 (頁 85 ~ 90) ,2006年02月,小野修一、三浦弘行、長畑守雄、大畑 崇、森本公平、対馬史泰、青木昌彦、近藤英宏、畑山佳臣、川口英夫、阿部由直、高梨信吾 研究論文(学術雑誌),共著 解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 】• 以降は手ほど穏やかに進み、先手が戦端を開き一気に後手陣を攻め潰した また、連盟はに、聴取を尽くしたとして、今後追加で調査する考えがないことを明らかにした
一刻も早く処分の真相を明らかにして、三浦九段の名誉を回復し、希望の持てる将棋界を再構築してほしいものだ 2017年3月24日閲覧
法的にいえば、違法性や責任が否定される。 () 2016年10月24日(報道記事)• () 2016年10月15日(コンピュータ将棋協会)• また理事が監視していたにも関わらず、不審な点がなかった。 連盟は三浦を復帰させた上で謝罪・和解し 、三浦の疑惑が完全に晴れた旨を宣言した。 将棋界最高峰の竜王戦だから竜王戦を辞退するわけない、離席が多かったのは体調が悪く、休んでいた時間が長かった。 これまで性善説でルール化を先送りしていたこと、調査も不十分で証拠もない状態での急な処分や、今回の事態を渡辺明竜王自身が主導したことなど、組織としてのあり方、プロセスにも問題が指摘されている。 12月26日にやっと第三者委員会の調査報告。 三浦さんの妻が聞いていたら、怒らないですか?? 心配です! 勉強する時間がないから、スマホで不正したのかとつい思ってしまいます。 ここでは多くを語れない」と話し、離席の多さ以外にも不正が疑われる内容を把握していることを。 () 2016年10月18日()• 2017年2月13日閲覧。