誹謗 中傷。 木村花さんの死が問いかける、ネット上の誹謗中傷の罪とプラットフォームの責任(伊藤和子)

30
とはいえ、現時点では、関連性の低いコメントのすべてを削除することはできません。 木村花さんの死は、ネット社会を大きく変える出来事になっています。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 参考記事. これは所得に余裕のない若年層にとってはありがたい話です。 提訴まで3年かかってしまった」というコメントを残しています。 というのも、リアルでの会話は自分が語り手にも聞き手にもなる、言葉のキャッチボールですよね。 ポイントとして、契約開始まではお金はかからないという点です。 そして、本当にそれを行って良いのか、書き込む内容に責任を持てるのか、匿名性という条件に安住して発言していないか、といったことを自分に問い掛けていくことが必要です。