艦これ ss 大井。 【比叡・山城】提督「お断り勢しかいない」大井「あ、あの……」【艦これSS】

……というか大井の株を上げるのに僕が奢るのはなんか違うよねっ!? と言いたいのが顔に出ていたようで で、とにかく使わないから返そうぜーってなって、焦って』 大井「はい」 球磨『わたわたしてたら提督以外のみんなには隠せてるつもりでバレバレで』 大井「うぅ……」 球磨『なんかもうわかんなくなって逃げてきた訳と』 大井「……そういう事です」 球磨『……わりかしお前が悪くねー?』 大井「そ、それはわかってますけど! で、でも提督も全然気づいてくれなくて!」 球磨『そりゃ正面切って断ったり怒ったりしてりゃそうなるクマ
ずいぶん暗い顔してますけどどうしました?」 大井「え? ……ちょっとなにがなにやらわからなくなって」 筑摩「あ、混ざります?」 山城「できれば私と交代して欲しいわ……見てるだけが一番気楽よ…… 雪風の影の話 大戦期の軍艦の遺された魂
どっちも違うし」 山城「ちょっと好意を持たれたからってそういうのはどうかと思いますけど」 提督「違うっつってんだろ!」 大井「好みの、女性とか聞いても一切答えてくれないんで色々試してるんです」 筑摩「へぇ、また積極的にというかオープンになりましたね」 大井「もうこうなったら自棄です」 提督「そのままでいいっつってんのに」 大井「いえ、もっと提督好みの女性になって絶対にそっちから告白させて見せますから」 提督「いやだからさ……」 龍田(……あれ? もうケッコンすればいいんじゃ?) 【朝】 大井「提督おきてくださーい」 提督「……んぁ?」 大井「おはようございます あと大井っちぃ……」 執務室の中にいる二人に、呟くように声をかける
あれを採用しようとした人の気がしれないわ」 提督「大井さんのお蔭ですよ 北上さんより、あの人を目で追うようになっていたのは
小破艦を前列、中破艦を中列に置いて複縦陣を組め』 大井「第一艦隊了解 03 ID:wYcyxnxrO ワーワーギャーギャー 一同「「「「「……」」」」」 北上「あの二人にとっての『公私』って、顔を合わせてるか合わせてないのかが基準なのかな」 利根「『私』の時間が長すぎはしないか……?」 赤城「もしかしてこれ、遠回しにノロケられてます?」 隼鷹「だねぇ
「よくやりました提督、魚雷の数は5本に減らします」 あっ、撃つのは変わらないんですね…… 「んんっ……きーたかーみさんっ?」 そして大井は、未だソファでごろごろする北上に提案した で、相手は? 君の所なら、扶桑か?」 提督「いやあ扶桑なんて私には勿体無い」 大将「そんなことはあるまい
北上さんには悪いと思った ですって」 筑摩「……この人生ゲーム疲れますね」 龍田「山城さんに合わせたマイナス人生ゲームだものねぇ……カツアゲされる1万失う」 山城「わざわざこんなものを作られるなんて……不幸極まってるわ」 大井「じゃあ次は私が……12ですね
よし、アタシたちもあるし話すか 昨日はさ、比叡と龍田が夜に殴りこんできてさ」 大井「は?」 提督「なぁんかわちゃわちゃ遊んでたら3時だ
マイクス効果で黄色ガジェ、効果で緑 我ながら良い案だ
絶対忘れねえから」 北上「ま、まあいいじゃん!提督は出撃しないんだから、たまには怪我とかも乙なもんでしょ?」 提督「お前なあ… おまけにスネ毛も生えてる……」 大井「えっ、それじゃ……貴方は北上さんでは……ない?」 提督「うん
3
……もしもし? どうしたクマって声でか!」 北上「うわぁこっちまで聞こえるよ、なに、また泣いてるの?」 球磨「っぽいクマ。 そんなことをして、またつけ上がったらどうするのだ。 何、それを選んだだと?」 提督「何か問題でも?」 大将「…余計なことを」 提督「あ?」 大将「元々こっちで評判が悪かったからそっちに遣ったと言うのに。 あの野郎、大将だからって調子に乗りやがって要らぬことをうだうだ…」アーダコーダ 大井「…あの、長引くならもう下がってもいいですか? さっさとお風呂に入って休みたいので」 提督「まあ待て」 大井「チッ …で?」 提督「腐っても上官だし殴り倒すわけにはいかん。 20 ID:BdjEHBAR0 提督「そもそも俺はれっきとした男なわけだし」 大井「またまたそんなこと言って~……」 提督「ほら、胸元は平べったいし。 41 ID:BdjEHBAR0 大鳳「私は大型建造の中でトップクラスのレア度を誇る大鳳です」 大鳳「現時点で唯一の装甲空母。
42

お決まりの、定番の台詞。

私は別に構わないけど……疑われないよう少しは考えてください」 提督「重ね重ねすみません」 大井「すみませんばっかり。

この場の少しくらいなら我慢しますから」 提督「いや、その必要はありません。

万が一の事があったらどうするのさ」 北上はいつも大井にそう言っていた。

行ったことはありませんがホテルのスイートルームさながらの部屋へ 大きく様変わりしているではありませんか。

83