コーンフレーク や ない か。 オートミールとシリアルは何が違うの!?

そしてこの後はずっと駒場が「あるある」と「ないない」を交互に挙げていき、内海がツッコんでいく。

点数 (順位) 文字数 (ボケ:ツッコミ) 笑いの数 (ボケ,ツッコミ,言い方,動作) ミルクボーイ 681 (1) 1823 (3:7) 30 (2,28,0,0) かまいたち 660 (2) 1800 (5:5) 45 (27,15,3,0) ぺこぱ 654 (3) 1315 (2:8) 33 (3,24,4,2) 和牛 652 (4) 2254 (5:5) 36 (6,25,1,4) 見取り図 649 (5) 1861 (3:7) 40 (8,27,1,4) からし蓮根 639 (6) 1520 (2:8) 38 (6,25,0,9) オズワルド 638 (7) 1804 (5:5) 28 (3,22,1,2) すゑひろがりず 637 (8) 865 (5:5) 28 (4,8,14,2) インディアンス 632 (9) 1830 (7:3) 24 (16,4,1,4) ニューヨーク 616 (10) 1591 (5:5) 36 (12,13,8,2) 表をご覧いただきたい。

そんな色々と変(態)だったケロッグ氏だが、かなり頑固でもあったようで、弟と協力してコーンフレークを商品化したものの、砂糖を加えるか否かで、弟と喧嘩別れをしてしまう。

もなかっぽい特徴とそうではない特徴が交互に挙げられて、「行ったり来たり漫才」が展開される。

特に一般的な方法は1日1食をコーンフレークに置き換える「1食置き換えダイエット」で、朝食や夕食を置き換えている人が多いです。

「割礼(男性のあそこの皮を切除する手術)をするときは、あえて麻酔を使わない方がよい。

38
以下はその後のやりとりである。 ) ツッコミ「どうもーどうも ミルクボーイですー」 ボケ& ツッコミ「お願いしますー ありがとうございますー」 ツッコミ「あーありがとうございますー ねっ 今ベルマークをいただきましたけどもね」 ボケ& ツッコミ「ありがとうございますー」 ツッコミ「こんなん なんぼあっても良いですからね」 ボケ「一番良いですからね」 ツッコミ「ねー有り難いですよ ほんとにね」 ボケ「入れておきましょう」 ツッコミ「ゆーとりますけどもね」 ボケ「いきなりですけどね」 ツッコミ「はいはいはい」 ボケ「うちのオカンがね」 ツッコミ「ほー」 ボケ「好きな朝ごはんがあるらしいんやけど」 ツッコミ「あっ そーなんや」 ボケ「その名前をちょっと忘れたらしくてね」 ツッコミ「ほー 朝ごはんの名前忘れてもうて どうなってんねそれ」 ボケ「でまあ色々聞くんやけどな」 ツッコミ「おー」 ボケ「全然分からへんねんな」 ツッコミ「分からへんの?」 ボケ「おー」 ツッコミ「いや ほな俺がね おかんの好きな朝ごはん」 ボケ「おー」 ツッコミ「ちょっと一緒に考えてあげるから」 ボケ「おー」 ツッコミ「どんな特徴ゆうてたかってのを教えてみてよ」 ボケ「あのー甘くてカリカリしてて」 ツッコミ「ほーほーほーほー」 ボケ「で 牛乳とかかけて食べるやつやって言うねんな」 ツッコミ「おー コーンフレークやないかい その特徴はもう完全にコーンフレークやがな」 ボケ「コーンフレークなぁ」 ツッコミ「すぐ分かったやん こんなんもー」 ボケ「でもこれちょっと分からへんのやな」 ツッコミ「何が分からへんのよー」 ボケ「いや俺もコーンフレークと思うてんけどな」 ツッコミ「いやそうやろ?」 ボケ「オカンが言うには 死ぬ前の最後のご飯もそれで良いって言うねんな」 ツッコミ「あー ほなコーンフレークと違うかぁ」 ボケ「あー」 ツッコミ「人生の最後がコーンフレークでええ訳ないもんね」 ボケ「そやねん」 ツッコミ「コーンフレークはね まだ寿命に余裕があるから食べてられんのよあれ」 ボケ「そやねんな」 ツッコミ「な?」 ボケ「あー」 ツッコミ「コーンフレーク側もね 最後のご飯に任命されたら荷が重いよあれ」 ボケ「そやねんそやねん」 ツッコミ「コーンフレークってそういうもんやから ほなコーンフレークちゃうがなこれ」 ボケ「そやねん」 ツッコミ「あれほなもう一度詳しく教えてくれる?」 ボケ「なんであんなに栄養バランスの五角形デカイんか分からんらしいねん」 ツッコミ「コーンフレークやないかい パッケージにかいてる五角形むちゃくちゃデカイんやからあれ」 ボケ「おー」 ツッコミ「でも俺はね あれは自分の得意な項目だけで勝負してるからやと睨んでんのよ」 ボケ「おー」 ツッコミ「俺の目は騙されへんよ 俺騙したら大したもんや」 ボケ「まあねー」 ツッコミ「ほんであれよー見たらね 牛乳の栄養素を含んだ上での五角形になっとんねん」 ボケ「おー」 ツッコミ「俺は何でもお見通しやねんから」 ボケ「ほーなー」 ツッコミ「コーンフレークやそんなもんは」 ボケ「分からへんねんでも」 ツッコミ「何が分からへんのこれで」 ボケ「俺もコーンフレークと思うてんけどな」 ツッコミ「そうやろ」 ボケ「オカンが言うには」 ツッコミ「ほー」 ボケ「晩ご飯で出てきても全然良いって言うねんな」 ツッコミ「ほなコーンフレークちゃうやないかい」 ボケ「おー」 ツッコミ「晩飯でコーンフレーク出てきたら ちゃぶ台ひっくり返すもんね」 ボケ「はいはい おー」 ツッコミ「コーンフレークはねー まだ朝の寝ぼけてる時やから食べてられんのやで」 ボケ「そやねんそやねん」 ツッコミ「な? それ食べてるうちにだんだん目が覚めてくるから 最後ちょっとだけ残してまうねんあれ」 ボケ「そやねんそやねん」 ツッコミ「そういうカラクリやからあれ」 ボケ「そやねんな」 ツッコミ「コーンフレークちゃうがな」 ボケ「おー」 ツッコミ「ほな もうちょっとなんか言ってなかった?」 ボケ「子どもの頃」 ツッコミ「ほー」 ボケ「何故かみんな憧れたらしいねん」 ツッコミ「コーンフレークやないかい コーンフレークとミロとフルーチェは憧れたんやから」 ボケ「おー」 ツッコミ「あとトランシーバーも憧れましたよ」 ボケ「おー」 ツッコミ「コーンフレークよそんなもん」 ボケ「分からへねんだから」 ツッコミ「なんで分からへんのこれで」 ボケ「俺もコーンフレークと思うてんけどな」 ツッコミ「そうやろ」 ボケ「オカンが言うには」 ツッコミ「ほー」 ボケ「お坊さんが修行のときも食べてるっていうねん」 ツッコミ「ほなコーンフレークちゃうやないかい」 ボケ「おー」 ツッコミ「精進料理にカタカナのメニューなんか出ぇへんのよ」 ボケ「せやねん」 ツッコミ「コーンフレークはね 朝から楽して腹を満たしたいという煩悩の塊やねん」 ボケ「せやねんせやねん」 ツッコミ「あれみんな煩悩に牛乳かけとんねんあれ」 ボケ「せやねんせやねん」 ツッコミ「コーンフレークちゃうがなほな ほなもうちょっとなんかゆうてなかったか?」 ボケ「パフェとかの」 ツッコミ「ほー」 ボケ「カサ増しに使われてるらしいで」 ツッコミ「コーンフレークやないかい あれ法律スレスレぐらい入っとんやから」 ボケ「ほー」 ツッコミ「な? 店側がもう一段増やそうもんなら 俺は動くよほんま」 ボケ「ほー」 ツッコミ「コーンフレークや絶対」 ボケ「分からへんねんでも」 ツッコミ「なんで分からへんのこれで」 ボケ「俺もコーンフレークと思うてんけどな」 ツッコミ「そうやて」 ボケ「オカンが言うには」 ツッコミ「ほー」 ボケ「ジャンルでいうたら中華やっていうねん」 ツッコミ「ほなコーンフレークちゃうやないかい」 ボケ「ほー」 ツッコミ「ジャンル全く分からんけど 中華だけではないねんあれ」 ボケ「おー」 ツッコミ「な? あの回るテーブルの上にコーンフレーク置いたら 回した時全部飛び散るがな」 ボケ「そやねんそやねん」 ツッコミ「ほなコーンフレークちゃうやないかい」 ボケ「おー」 ツッコミ「ほなもうちょっとなんかゆうてなかった?」 ボケ「食べてる時に」 ツッコミ「ほー」 ボケ「誰に感謝してええか分からんらしいねん」 ツッコミ「コーンフレークやないかい」 ボケ「ほー」 ツッコミ「コーンフレークは生産者さんの顔が浮かばへんのよ」 ボケ「おー」 ツッコミ「ね? 浮かんでくるのは腕組んでる虎の顔だけやねん」 ボケ「そやねんそやねん」 ツッコミ「赤いスカーフの虎の顔だけ コーンフレークに決まりそんなん」 ボケ「でも分かれへんねん」 ツッコミ「分からへんことない おかんの好きな朝ごはんはコーンフレーク もぉ」 ボケ「でもオカンが言うには」 ツッコミ「ほー」 ボケ「コーンフレークではないって言うねん」 ツッコミ「ほなコーンフレークちゃうやないかい」 ボケ「おー」 ツッコミ「オカンがコーンフレークではないと言うんやから コーンフレークちゃうがな」 ボケ「そやねん」 ツッコミ「先ゆえよ」 ボケ「おー」 ツッコミ「俺が虎のマネしてる時どう思っててんお前」 ボケ「申し訳ないよだから」 ツッコミ「ホンマに分からへんがなこれ」 ボケ「おー」 ツッコミ「どうなってんねんもう」 ボケ「んでオトンが言うにはな」 ツッコミ「オトン?」 ボケ「鯖の塩焼きちゃうか?って言うねん」 ツッコミ「いや絶対ちゃうやろ もうええわー」 ボケ& ツッコミ「ありがとうございましたー」. 例えば先述したネタの部分は、一般的な漫才だと次のように言い換えることが可能だ。 クリエイティブ以外の用途でも十分活用できるスペック• そのため最初に「なんでやねん」と否定するツッコミをしてしまうと、そのあとボケていないのにツッコミをたたみかける形となり、不自然に感じられる。 クリームコンソメ味とトマト味のおいしさも人気の秘密。 たしかに漫才において、ボケが明らかに間違っているおかしなことを言い、ツッコミが正しく指摘するというのは定型と言えるだろう。 今回、この難題にチャレンジしてくれた日向柚香さんがとった方法は「数を数えること」。
91