パプリカ 音階。 『ヨナ抜き音階』がヒット曲の共通点!パプリカが覚えやすい理由

メロディ メロディに関しても、この穏やかで素朴な雰囲気をだす工夫が施されています。

日本語では旋律的短音階といいます。

どうも!なっつんです! 米津玄師さんの『パプリカ』をラーメン屋で聴いたのですが 「なんか特徴的なメロディーだよなぁ」とふと思いました。

SUZUKI ULTRA BEND を使用して、"サビでの転調はしない" or "サビで CからFへ転調する" 形が一番簡単に演奏出来そうです。

では、前置きはこの位にしておいて楽譜を見ていきましょう。

一方Bメロ最後の旋律的短音階は跳躍しますが前2拍の真性の反復進行になっていたり、 和声は比較的単純ですけど、やはり反復やドッペルドミナントが使われたりと、 聴き所が多く、面白い曲だと思います。

1
「メロディックマイナースケールがコードとメロディの都合を両立してる一番優れたスケールだ!」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはないのです 今度は白鍵だけでは弾けません
メロディ:「あなたに会いたい…」 ここのメロディはC dimコードに付随して、その構成音が使用されています ヨナ抜き音階が日本人にヒットする理由 ヨナ抜き音階について、とあるニュース番組で取り上げられていましたが、 正確な理由については言及されていませんでした
3つのマイナースケールまとめ さてここまで出てきた3つのマイナースケールをいったん整理しておきましょう 〇sus4コードの使用方法についてはこちらの記事が参考になるかと思います
「君が代」と同じくレ D 始まりです
はっきりとした口調で 聞いてみると、確かに癒されます
さて、確かにそう言われると、子どもって大人には見えていないものが見えてるって話しもあるし本当かもしれないな…と気になりました 米津玄師の作ったパプリカ、幼稚園児にしか聞こえない、奴らのテンションあげる高周波とか入ってるのでは?って思うくらい、子供からの好感度高くてびびる
こちらもサビでヨナ抜き音階を使用しています 『打ち上げ花火』はパプリカが公開される一年前に作られた曲だからです
ハーモニックマイナースケール 二つ目に紹介するのがこちら、 「ハーモニックマイナースケール」 本来の転調するキー(元がCの場合A)でなくても、おそらく違和感を感じる人は少ないと思います
しかしこちらはパプリカのようなサウンド効果はそんなに感じませんよね 125 ;box-shadow:inset 0 3px 5px rgba 0,0,0,. w3eden blockquote ol:last-child,. 永遠の名曲です