今後 なくなる 職業。 コロナ後に伸びる職業と無くなる職業は?それぞれのトップ5を考察│御パンダと合理天狗の雑記

出典: 将来性のある仕事9位:心理カウンセラー 複雑化する現代社会の中で、心の病を抱えてしまう人は少なくありません。

どれほど技術が進歩しても、人間である私たちは人間的な関わりを最終的に欲していることだ。

コロナによって植え付けられた恐怖により、 終息後に人々が急に「さぁカラオケ行こうぜ!」と 元に戻るとは思えませんよね。

その点で、なくなる可能性が低いと言われる既存の仕事なら、仕事に就く方法や必要とされる資質、能力なども明確になっています。

「コロナで直接の被害を受ける業種だけではなく、以前から『いずれなくなるだろう』と思われていた業種が、コロナを機に消滅への速度を上げている印象です。

ひろゆき氏に若手社会人に参考となる「日本で生き抜くため」の生存戦略やヒントを聞いたので、2回に分けて紹介したい。

スキルについては「それがやりたいことなのか」「給料につながるのか」の2軸で考えるのがお勧めです。

薄記、会計、監査の事務員• これからの時代では、ICTは欠かせないビジネスツールとなってきおり、精通した人材は即戦力としても期待されます。

また、介護や看護は単に診察や治療をして終わりではありません。 また、近年はYOUTUBEやNETFLIXなどの動画配信サービスの普及がめざましく、ご家庭にインターネット環境さえ整えることができればすべて事足りる状況です。 様々な職業が存在しますが、例えば、全国を巡りイベントを行う職業だったり、集客なしでは利益にならない職業は新たなやり方へと変化していかなければ、なくなる職業の候補となります。 加えて、リユースビジネスの拡大もあって、 多様化・細分化したニーズに対応できる高い技術を持った縫製工の需要が高まっています。 もちろん勉強は大切なことですが、それ以上に人間形成に重要な人間関係や社会との関わり方をきちんと学ぶ必要があるからです。 診察、内診、触診、内科手術に外科手術と、医療に関わる全ての技術を機械で網羅することは難しいでしょう。