ピル 飲み始め 生理終わらない。 低用量ピルを飲んだら生理が終わらない! その原因と対処法とは?

びらんがあると細菌に感染しやすくなるため、子宮頸管炎などの原因になることがあります。
基本的な飲み方は2シート目以降も変わりません。 子宮内膜を維持できるプロゲストーゲンの量が不足すると、ピルを服用していても出血(消退出血・破綻出血)が起きてしまいます。 この場合、早期の発見が重症化を防ぐ鍵となります。 経過観察や治療が必要となるため、こちらも医師の指示に従いましょう。 すると 体は妊娠期と似た状態となるため、生理が来なくなるのです。 3シート目でも不正出血が続くようでしたら、 ピルの種類を変えてみることを考えます。 ピルは避妊目的や月経困難症、生理不順の治療に使用される薬です。 不正出血がみられたからといってピルの役割が薄れたり、体に悪影響を及ぼしたりすることはありません。 ピルの休薬期間中に生理のような出血があります。 関連記事 ピルで急に不正出血が起こることもある? 低用量ピルをすでに何シートか飲んでいるにもかかわらず、生理ではないタイミングで不正出血があると、「何か異常があるのでは」と心配になるかもしれません。
22 44