カナダ ヤマアラシ。 アメリカヤマアラシ科

2)足踏みをすることで尻尾を揺らし音を出す 尻尾の棘を揺らすと「バサバサ」と音がなります。

Sphiggurus villosus• 心理学的には「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもある。

脚注 [ ] [] 注釈 [ ]. Woods 「アメリカヤマアラシ」伊澤紘生訳『動物大百科 5 小型草食獣』今泉吉典監修 D. Sphiggurus pruinosus• 抜け落ちていたトゲを触らせてもらった。

これに対し、雄の縄張りは年齢などによって変化し、生息環境や食糧事情などによっても大きさは変化するが、成熟した雄の縄張りは0. しかし、頭部や腹部にはトゲが無く、ヒョウなどの天敵に狙われることもあるという。

Coendou koopmani• ・ヒョウ ・ライオン ・ハイエナ ・ピューマ ・フィッシャー(テンの仲間 ・コヨーテ ・ボブキャット ・オオカミ など 出典: 天敵となる肉食動物は意外と多いですね。

「porcu」という部分は、「豚」だけでなく「たらふく食べる」という意味もあります。

オマキヤマアラシ属やキノボリヤマアラシ属は、物に巻きつけられる長い尾をもつ。

65

体の色は濃い茶色です。

それを逸脱する者は、英語では「to keep their distance」 距離を保て と乱暴に言われる。

ヤマアラシの寿命は、平均12〜15年くらいです。

木登りする姿は森の白い妖精 Jake Sturtevant says he found this in his tree in South Hiram, says it may be an albino porcupine. Sphiggurus spinosus• 危険を感じると樹上に逃げるが、外敵から身を守る時は、旧大陸のヤマアラシなどと同じように、後ろ向きになって棘を逆立て、尾を振って相手を威嚇する。

Sphiggurus villosus 生態 [ ] 旧世界のヤマアラシほど夜行性ではない。

Sphiggurus spinosus• 棘は頭から背、尾にかけて生えているが、腰から尾にかけては黒色で、この部分の棘は白く縁取られている。

9